ページ本文

道北経済レポート 平成30年11月発行分


 

総括判断

持ち直しのテンポが緩やかになっている。
  個人消費は緩やかに持ち直しつつあり、雇用情勢は着実に改善しているものの、観光は地震の影響等から持ち直しのテンポが緩やかになり、住宅建設は持ち直しに向けたテンポが緩やかになっている。

項目別

 

1.個人消費

緩やかに持ち直しつつある。
 主要小売店売上高は、衣料品等が前年を下回っているものの、地震の影響から、レトルト食品等の飲食料品、乾電池やラジオ等の家電等家庭用品等が前年を上回り、全体では前年を上回っている。
 乗用車販売は、軽自動車に注目を集める新型車が少なかったため、前年を下回ったほか、小型車及び普通車も前年を下回っている。

2.住宅建設

持ち直しに向けたテンポが緩やかになっている。
 住宅建設は、分譲住宅等が増加しているものの、貸家及び持家が減少しており、全体では前年を下回っている。

3.観光

持ち直しのテンポが緩やかになっている。
 空港乗降客数は、旭川空港において国内線、国際線ともに路線数の減少や地震の影響等から前年を下回っており、稚内空港も地震の影響等から前年を下回っている。
 旭山動物園入園者数は、天候不順のほか地震の影響等から前年を下回っている。
 主要ホテル宿泊客数は、旭川市内、層雲峡温泉ともに地震の影響等から前年を下回っている。

4.雇用情勢

改善している。
 有効求人倍率(常用)は、有効求職者数が減少し、有効求人数は増加していることから、高い水準で推移している。
 新規求人数(常用)は、「卸売業・小売業」、「医療,福祉」、「運輸業,郵便業」等が増加していることから、前年を上回っている。
 新規学卒者(高校)の求人倍率は、前年を上回っている。

5.公共事業

前年を下回る。
 公共事業を前払金保証請負金額でみると、第2四半期は、上川、留萌及び宗谷地域いずれも前年を下回っている。

6.農業

生乳生産は前年を下回り、水稲の作況状況は「著しい不良」等となっている。
 生乳生産は、地震による停電が影響し、上川、留萌及び宗谷地域いずれも前年を下回っている。
 水稲の作況状況は、上川地域では「著しい不良」、留萌地域では「不良」となっている。

7.漁業

水揚金額は前年を下回る。
 水揚量は、イカ、サケ・マスが減少したものの、タコ、ホタテ、ホッケが増加したこと等から前年を上回っている。
 水揚金額は、タコ、ホタテが増加したものの、ホッケ、イカ、サケ・マスが減少したこと等から前年を下回っている。

8.金融

貸出金残高は前年を下回る。
 金融機関の貸出金残高をみると、事業者向けは、設備資金で不動産業等に需資がみられ、前年を上回っているものの、運転資金が減少しているほか、地公体向けも前年を下回っていることから、全体では前年を下回っている。
 金融機関の預金残高をみると、前年を上回っている。
 貸出約定平均金利は、前年を下回って推移しており、過去最低の水準となっている。

9.企業倒産

件数は前年を上回る。
 企業倒産をみると、件数は前年を上回っている。なお、負債総額は、前年を下回っている。
(バックナンバーにつきましては、お問い合わせください。)

本ページに関するお問い合わせ先

旭川財務事務所財務課
電話番号:0166-31-4151
FAX番号:0166-31-4240

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader