ページ本文

北海信用金庫と古平信用金庫の合併について(平成16年3月15日)

北海道財務局長談話

1.この度、北海信用金庫と古平信用金庫から平成17年2月14日を目処として対等合併することで合意した旨の報告を受けた。

2.両信用金庫からは、資産の健全化及び収益力の向上による盤石な経営基盤の構築と、更なる経営の合理化や効率化が喫緊の課題となっている中で、合併によって充実した営業基盤の下で、中小企業へのより円滑な資金供給と地域住民に対するより充実した金融サービスの提供を目指すべく決断されたものと聞いている。

3.当局としても、両信用金庫の将来の経営戦略を見据えての経営判断を高く評価するとともに、共通する経営基盤を有する両信用金庫が、今後、経営資源の有効活用、収益力の強化等を通じ、強固な経営基盤を確立し、リレーションシップバンキングの機能を十分に発揮することによって、引き続き地域経済の活性化に積極的に貢献されていくことを期待したい。

本ページに関するお問い合わせ先

北海道財務局 財務広報相談官
(電話)011-709-2311(内線)4270
(直通)011-709-2184

北海道財務局小樽出張所財務課
(電話)0134-23-4103

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader