ページ本文

佐呂間町立佐呂間中学校で「財政教育プログラム」を実施しました

平成31年2月7日(木曜日)に、佐呂間町立佐呂間中学校で「財政教育プログラム」を実施しました。
「財政教育プログラム」は、国の財政を身近な問題として捉え、自分事として考えてもらうために、アクティブ・ラーニングを導入した特別授業で、当所管内では、初めての開催となりました。
 
また、今回は、北見税務署のご協力により、北海道租税教育推進協議会が開催している「租税教室」と連携して実施したものです。

当日は、当出張所の職員が講師となり、国の財政や税金について映像を交えて説明したほか、3年生36名が財務大臣になったつもりで国の予算編成をシミュレーションし、日本の将来について考えました。

参加した生徒からは、「子育てと教育に力を入れ、少子化対策と地域による学力の格差を無くすのに取り組んでほしい」や、「これから高齢化がより進んでいくので、年金や福祉の予算を増やし、高齢者に優しい国づくりをしていったら良いと思う」、「少しずつ借金を返済できるように予算を組んでいったら良いと思う」という意見が出るなど、活発な議論が繰り広げられました。

授業風景1

授業風景2

授業風景3

授業風景4

本ページに関するお問い合わせ先

北見出張所総務課
電話番号:0157-24-4167
FAX番号:0157-31-4744

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader