ページ本文

令和3年2月15日に佐呂間町立佐呂間中学校で「財政教育プログラム」を実施しました

 北海道財務局北見出張所では、国の財政を身近な問題として捉え、自分事として考えてもらうためにアクティブ・ラーニングを導入した特別授業を行っています。
 当日は、当出張所の職員が講師となり、国の財政や税金について映像を交えて説明したほか、グループワークでは、生徒が財務大臣になったつもりで国の予算編成をシミュレーションし、日本の将来について意見交換しました。

1.開催概要

開催日

 令和3年2月15日(月曜日)

開催場所・参加者

 佐呂間町立佐呂間中学校 3年生37名

プログラム内容

  1. 国の財政についての講義
  2. 予算編成シミュレーション(グループワーク)
  3. 発表・意見交換

2.参加者からの生の声

  • この授業を受けて、日本の財政について考えるようになった。
  • グループでの発表は、いろんな意見を聞くことができておもしろかった。
  • 日本の財政は全然興味がなかったが、授業を受けて、自分たちにも関係があることを知ることができ、もっと財政について学んでいきたいと思った。
  • 国債を減らせるように予算を立てるのが難しかった。
  • 中学生でも、考えたり意見を出し合うことはできるので、これからもテレビなどのニュースを通じて学んでいきたいと思った。

講師の説明を聞く生徒

作成した予算案を発表する生徒

グループワークをする生徒

本ページに関するお問い合わせ先

北見出張所総務課
電話番号:0157-24-4167
FAX番号:0157-31-4744

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader