ページ本文

オホーツク圏経済情勢報告 令和3年2月報告

1.総括判断(令和2年10月から12月期)

新型コロナウイルス感染症の影響により、厳しい状況にあるなか、持ち直しに向けたテンポが緩やかになっている
  • 個人消費は、感染症の影響がみられるものの、緩やかに持ち直しつつある。
  • 一方、観光は、感染の再拡大により、足下では弱い動きとなっている。また、雇用は、感染症の影響により、弱い動きが続いている。

2.項目別

個人消費

新型コロナウイルス感染症の影響により一部に弱さがみられるものの、緩やかに持ち直しつつある
  • 飲食料品は、「巣ごもり需要」の継続により、生鮮食品を中心に順調に推移しており、前年を上回っている。
  • 生活関連品は、マスクや除菌関連商品が好調に推移しているほか、加湿器、空気清浄機などの家電製品に動きがみられたことなどから、前年を上回っている。
  • 衣料品は、外出機会の減少に伴う需要の落ち込みなどにより、冬物衣料を中心に前年を下回っている。
  • 新車登録台数は、小型車の動きが鈍いものの、新型車効果などから普通車、軽自動車が堅調に推移しており、持ち直しつつある。
  • このように、個人消費は、新型コロナウイルス感染症の影響により一部に弱さがみられるものの、緩やかに持ち直しつつある。

観光

新型コロナウイルス感染症の影響により、足下では弱い動きとなっている
  • 空港利用客数は、減少幅が縮小していたが、感染の再拡大により、足下では減少幅が拡大している。
  • 主要観光施設入込客数及び知床宿泊者数は、旅行の自粛やGoToトラベル事業が停止したことなどにより、足下では急速に減少している。
  • このように、観光は、新型コロナウイルス感染症の影響により、足下では弱い動きとなっている。

雇用

新型コロナウイルス感染症の影響により、弱い動きとなっている
  • 有効求人倍率は、新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として宿泊業、飲食サービス業などで新規求人数が減少していることなどから、前年を下回っている。

公共事業

前年を下回る
  • 公共事業を前払金保証請負金額でみると、令和2年10月から12月においては、前年を下回っている。

住宅着工

前年を上回る
  • 新設住宅着工戸数(北見市・網走市・紋別市)をみると、持家は前年を下回っているものの、貸家、分譲住宅は前年を上回っている。

企業倒産

前年を上回る
  • 企業倒産は、件数、負債総額ともに前年を上回っているものの、引き続き、落ち着いた状況となっている。

金融

貸出金、預金ともに前年を上回る
  • 貸出金残高は、実質無利子・無担保融資により運転資金が増加したことから、前年を大きく上回っている。
  • 預金残高は、前年を大きく上回っている。

本ページに関するお問い合わせ先

北見出張所財務課
電話番号:0157-24-4167
FAX番号:0157-31-4744

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader