ページ本文

岩見沢市立豊中学校で「財政教育プログラム」を実施しました~本局財務広報相談室

岩見沢市立豊中学校で「財政教育プログラム」を実施しました。

1.概要

開催日

令和3年1月29日(金曜日) 

開催校、参加人数

岩見沢市立豊中学校 3年生46名

プログラムの内容

  • 財政についての講義
  • 予算編成シミュレーション
  • プレゼンテーション・ディスカッション

2.参加者からいただいた感想

  • 今日の授業は色々な人の意見が聞けて良かった。これから少しずつ財政の事を学びたいと思った。
  • 社会の授業で財政の事を勉強して、難しいなと思っていたが、今回の授業はすごく分かりやすくて楽しかった。今後はニュースを見たり、親と話したりして考えを深めたい。
  • 自分たちで予算案を考えたため、財政について、より深く理解することができた。 今回の授業を受けて財政がとても身近に感じられた。今度、家族と話し合ってみたいと思う。
  • 日本の財政に興味を持った。
  • 将来の自分に役立つ話をしてくれてありがとうございました。自分も将来「税金」などを払っていく立場になるので、今日聞いたことを忘れないと思う。
  • 分かりやすく財政について学べたし、自分たちで予算案を作ることで、財政を身近に考える事が出来て良かった。 いずれ納税者になり、選挙権も与えられるので、今から日本の現状について知る事、考える事が大切だと思った。

3.当日の写真

(講義の様子)岩見沢市の1年間の救急車出動件数は?

(発表の様子)予算案に賛成?反対?

本ページに関するお問い合わせ先

北海道財務局総務部財務広報相談室
電話番号:011-709-2311(内線4270、4247)
FAX番号:011-709-2196

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader