ページ本文

第81回国有財産北海道地方審議会議事録

平成16年12月2日(木)

国有財産北海道地方審議会委員名簿(50音順、敬称略)
浅井 洋子 北海道ドレスメーカー学院長
岩田 圭剛 岩田建設(株)代表取締役社長
越塚 宗孝 札幌国際大学観光学部観光学科教授
坂本 眞一 北海道旅客鉄道(株)代表取締役会長
佐藤 馨一 北海道大学大学院工学研究科教授
堰八 義博 (株)北海道銀行取締役頭取
高木 雅子 (株)丸高青果取締役
高向 巖 (株)北洋銀行取締役頭取
坪井 未来 北海道大学大学院経済学研究科修士課程
中井 和子 (有)中井仁実建築研究所代表取締役
中村 睦男 北海道大学総長
成田 教子 弁護士
籏本 道男 公認会計士
原田 伸一 (株)北海道新聞社経営企画室次長
船越 ゆかり 北海道放送(株)総務局秘書部専任部長
前川 忠男 (株)前川不動産鑑定事務所代表取締役
南山 英雄 北海道電力(株)取締役会長
横山 清 (株)ラルズ代表取締役社長
※旧字体等については、当用漢字等で表記している。(18名)

1.開会

●齊藤管財総轄課長 それでは、定刻になりましたので、ただいまから第81回国有財産北海道地方審議会を開催いたします。
私は、本日の進行役を務めさせていただきます管財総轄課長の齊藤と申します。よろしくお願い申し上げます。
本日の審議会は、委員総数18名のうち、14名のご出席をいただいておりますので、国有財産北海道地方審議会規則第8条に基づく定足数に達しておりますので、当審議会は有効に成立しておりますことをご報告申し上げます。
なお、札幌国際大学観光学部教授であります越塚宗孝様につきましては、少し遅れてご出席ということになっております。
なお、北海道ドレスメーカー学院長、浅井洋子様、北海道大学大学院工学研究科教授、佐藤馨一様、弁護士の成田教子様につきましては、本日、ご都合により欠席されております。

2.会長挨拶

●齊藤管財総轄課長 それでは、初めに横山会長からご挨拶をいただきたいと思います。
  横山会長、よろしくお願いします。
●横山会長 どうも皆さん、ご苦労さまでございます。
  国有財産北海道地方審議会の開催に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。
  皆様には、大変お忙しいところ、いよいよ師走になりましたが、ご出席をいただきまして、本当にありがとうございます。
  今日のご審議いただきます議題は、ご連絡のとおり、諮問事項が1件、それから報告事項が3件ということになってございます。事務局から説明がありますが、説明後、皆様からご意見なり、ご質問なりを賜りたいと存じます。
  国有財産の管理処分につきましては、国民への情報公開を進めるとともに、一層の有効活用が求められておるときでございますが、審議会におきましても皆様の幅広いご意見を頂戴いたしまして、十分な審議を尽くしたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。
  開会に先立ちまして、簡単でございますが、ご挨拶に代えさせていただきます。
  それでは、早速進めていきたいと思います。
  どうぞよろしくお願いします。

3.財務局長挨拶

●齊藤管財総轄課長 北海道財務局長原田より、ご挨拶を申し上げます。
●原田財務局長 北海道財務局長の原田でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
  本日は、委員の皆様方には大変お忙しい中、審議会にご出席いただきまして、誠にありがとうございます。
  また、日頃から財務局の業務をはじめ、財務省・金融庁の業務全般にわたりまして、格別なるご理解、ご協力を賜り、この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。さて、この国有財産北海道地方審議会は、地域における重要な国有財産につきまして、管理処分の適正を期するため、広く民間有識者の方からご意見を伺って処理すべきであるとの考えから、国有財産法の規定に基づき設置されたものでございまして、昭和31年7月に第1回目が開催されて以来、今回で81回目を数えております。これまで337件もの案件をご審議賜り、ご答申をいただいているところでございますが、最近の事例では、北海道農業試験場の一部を札幌ドームの敷地として売払うなど、教育・文化・社会福祉施設等々として、それぞれ地域社会の発展のために、少なからず貢献させていただいているものと考えております。

  本日ご審議いただきます案件でございますが、諮問事項は、北海道に対しまして公営住宅敷地として処分するものでございまして、必要性、緊急性の高い案件と認められますので、今回お諮りした次第でございます。
  また、このほか、報告事項としまして、審議会答申事案の処理状況、それからPFI方式による公務員宿舎整備状況、更に未利用国有地の売却状況につきまして、ご説明させていただくこととしております。

  なお、折角の機会でございますので、2点ほどお話させていただきたいと存じます。
  1点目は、普通財産の適正かつ効率的な管理・処分についてでございます。
  普通財産の管理処分については、法令において特段の定めのある場合を除きまして、これは財務省が処分を行うこととされております。その場合の普通財産の処理に関する基本的な考え方でございますが、地方公共団体の、例えば公園用地としての貸付をしているとか、そういった特定の目的に供されているもの、そういったもの、あるいは今後、行政目的のために必要だという、そういった想定をされる場合を除きましては、早期に売却をして、とにかく財政収入とするということを基本としているわけでございます。
  特に、相続税に代えまして物納された財産や、行政目的を終了し、国全体として不要となった財産、いわゆる未利用国有地でございますが、そういったものにつきましては、税外収入の確保を図る観点から、全国の財務局を挙げまして、効率的かつ計画的な売却促進を図っているところでございます。
  後ほど、報告事項におきまして詳しく説明させていただきますが、北海道財務局といたしましても、未利用国有地の売却促進を重要課題として、局内にプロジェクトチームを編成しまして、対応しているところでございます。

  それから、2点目でございますが、各省庁が管理する行政財産の有効活用の促進についてでございます。
  国の庁舎などの行政目的のために供されている行政財産は、その目的に照らしまして有効に利用されていれば、これは全く問題ないわけでございますが、有効に利用されていない場合、あるいは国として不要になった場合は、他の用途に転用するか、あるいは速やかに処分する必要が生ずるわけでございます。
  このような観点から、北海道財務局におきましても、平成10年から12年にかけまして、実は道内所在の各省庁が保有する全ての行政財産等につきまして、その使用状況の実態調査を実施しております。この調査で有効に利活用する必要があると認められた財産については、各省庁に対し、他の用途への転用、あるいは売却処理を進めるための処理計画の策定をお願いし、同時に、その進捗状況については、当局が、毎年度取りまとめ、公表しているところでございます。
  そうした中で、実は今年度は、調査実施から既に5年を経過しておりますことから、特に国有財産の一層の有効活用に対する社会的な要請の高まり等も踏まえまして、各省庁の処理計画の実施状況を改めて総点検して、処理計画の大幅な見直しを行なったところでございます。
  今後も、各省庁において、見直し後の処理計画が確実に実施されるよう徹底したフォローアップを行い、従来にも増して実効性を求めることによりまして、国民共有の財産であります国有財産がより有効に利活用されるよう取り組んで参りたいと思います。
  委員の皆様におかれましては、今後とも国有財産行政に対しまして、ご助言、ご指導を賜りますようお願い申し上げる次第でございます。
  それでは、本日の事案につきまして、よろしくご審議の程、お願い申し上げます。
  以上、簡単ではございますが、私の挨拶とさせていただきます。
  ありがとうございました。

4.諮問事項審議

●齊藤管財総轄課長 これより議事に入りますが、ご発言の際には、マイクのトークボタンを押してから、ご発言をお願いいたします。
  これからの進行につきましては、横山会長にお願いいたします。
  よろしくお願いします。
●横山会長 それでは、早速でございますが、審議に入らせていただきます。
  今回、諮問のございましたのは、先ほど局長からお話のとおり、1件でございます。
  審議をいただきますが、初めに事務局から諮問事項の補足説明をお願いいたします。
  議事につきましては、原則公開となっておりますので、委員の皆様に活発なご意見をお願いいたしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
  それでは、補足説明をお願いいたします。
●吉春管財部長 管財部長の吉春でございます。どうぞよろしくお願いします。それでは、私の方から諮問事項の内容につきまして、ご説明させていただきます。
  本日の諮問事項は、千歳市に所在します特定国有財産整備特別会計所属の旧北海少年院跡地を、北海道に対しまして、公営住宅の敷地として売却することでございます。
  本件につきましてご審議をいただき、ご意見を頂戴いたしたいと存じます。
  それでは、初めに対象財産の位置、現況などにつきましてご説明いたします。
  お手元に配布しております資料、国有財産北海道地方審議会諮問事項説明資料でございますが、この資料の1ページ目をご覧いただきたいと思います。
  対象財産でございますが、所在地は、千歳市大和4丁目3-5の一部で、区分・数量としましては、土地18,000平方メートル、それと当該土地に繁茂しております立木約47立方メートルでございます。
  次に財産の位置でございますが、お手元の資料、2ページ目をご覧いただきたいと思います。
  2ページの位置図にございますように、JR千歳線、千歳駅の西方約1.8キロメートルに位置しており、千歳駅から道々支笏湖公園線を支笏湖に向かって、車で5分程度のところに所在しております。
  財産の形状でございますが、東西に約130メートル、南北に約140メートルの土地で、現況はカラマツ、シラカバ、などが生い茂るほぼ平坦な原野状の土地となっております。
  都市計画上の用途地域は、第2種中高層住居専用地域となっております。
  次に、財産の沿革でございますが、3ページをご覧いただきたいと思います。これは平成14年9月に撮影された航空写真でございます。
  黄色枠で囲まれた部分が対象財産を含めた国有地の全体で、面積は131,000平方メートルほどでございます。
  この土地は、旧北海少年院の庁舎及び宿舎の敷地として、昭和18年から使用していたものですが、建物の老朽化などから、昭和59年に建替えることとなり、その建設財源を移転跡地の処分に求め、新しい少年院がこの土地の北側に移転建設されました。これにより、行政財産から用途廃止され、昭和59年10月31日付けで処分財産として旧大蔵省に引継がれたものでございます。
  引受け後、処理方針について種々検討してまいりましたところでありますが、千歳市との協議が整い、青枠で囲まれた部分88,000平方メートルにつきまして、一昨年の平成14年12月5日開催の第79回審議会において、処理方針をご審議いただき、千歳市の保健・福祉施設用地として処理を進めているところでございます。
  本日ご審議いただく財産は、右側の赤枠で囲んだ範囲でございまして、一昨年の審議会におきまして処理方針が未策定となっていた42,000平方メートルの土地の一部でございます。
  次に、周辺の状況につきましてご説明いたします。
  対象財産の北側には、先ほど申しましたとおり、移転建設された北海少年院と紫明女子学院があります。北海少年院が男子、紫明女子学院が女子の矯正施設でございます。
  北西部には、自衛隊北千歳駐屯地があり、西側には市営住宅の大和団地があるほか、東側、南側は、戸建住宅が建ち並んでおり、閑静な住宅地を形成しております。
  全体区域の状況につきましては、4ページの利用計画図をご覧いただきたいと思います。 これは、一昨年の審議会におきましてお示しした利用計画図に、今回の利用計画を重ね合わせたものでございます。
  利用計画図のほぼ中央部に位置する特別養護老人ホームについては、昨年6月に売買契約を締結し、既に建物の建設が完了しておりまして、本年5月に開設されております。
  また、中央部を東西に走る市道と特別養護老人ホームの前面に位置する市道につきましては、道路造成がほぼ完了し、一部は既に供用されておりまして、千歳市の保健・福祉ゾーンとしての整備が進められているところでございます。
  恐れ入りますが、5ページをお開きいただきたいと思います。3ページの航空写真は平成14年9月のものですが、これは直近に撮影した現況写真でございます。
  上の写真は、道々の方から特別養護老人ホーム及び前面の市道を写したものでございます。
  下の写真は、特別養護老人ホームの前面道路をまっすぐ進んだところから東西に走る市道を東向きに撮影したものでございます。因みに、道路から右側の木が生い茂っているところが今回の対象地でございます。
  なお、本財産の全体の処理状況につきましては、後ほど改めてご報告させていただきます。
  次に、北海道の利用計画でございます。
  北海道では、低所得者、高齢者並びに障害者などで、一定の居住水準を自力で確保することが困難な世帯に対し、低廉な家賃で、良質な公営住宅を提供することを「住宅政策の基本」としているところでございますが、公営住宅の建設運営は、基本的には市町村が行なうこととし、各市町村の状況の如何によっては、道がその補完的な役割を担うこととしているところでございます。
  千歳市におきましては、近年微増ながら世帯数が増加している状況にありまして、公営住宅への入居希望者も多く、応募倍率は約20倍程度で推移しており、今後もこの傾向は続くものと見込まれております。
  また、今後の公営住宅需要のすう勢を予測するうえで重要な高齢者人口についても大幅な増加が見込まれているところであります。
  こうしたことから、北海道では次の2点を理由として、今般、千歳市内に公営住宅を建設することを決定したものでございます。
  まず1点目は、先ほど申し上げた千歳市における公営住宅の現状及び今後の見通し等から、同エリアにおける公営住宅の整備が急務であり、それに対する補完を道において行なう必要性があると判断したこと。
  2点目として、千歳市が推進しております住宅政策、これはシルバーハウジングプランと名付けられておりますが、バリアフリー化された住宅と入居者の生活相談等を行なうライフサポートアドバイザーを派遣する福祉施策との連携を骨子とするものですが、この住宅政策に対して、道内における先導的な展開として支援する必要があると判断したことでございます。
  設地の選定にあたりましては、対象地の所在する大和地区において、利用計画図にありますとおり、千歳市の大和地区いきいき保健・福祉プランによる福祉施設並びに公園の整備が進められているものであり、高齢者の利用に際しても、生活の安全性と快適性が確保できること、また、周辺が住宅地として熟成しており、市の中心部にも近く利便性・居住性から見ても公営住宅を建設するうえでは最適であるものと判断し、利用計画図の赤枠で囲った部分を利用し、公営住宅を建設したいとして当局に売払いを要望してきたものでございます。
  具体的な内容としましては、6ページの配置計画図のとおり、Rc造4階建の公営住宅を3棟、建設戸数148戸を3年次に分け順次建設する計画であり、千歳市の住宅政策に配慮した住戸設計によるものと聞いております。
  当局としましても、北海道の利用計画、周囲の状況等を検討いたしました結果、必要性、妥当性が十分認められ、国有地の公用・公共用優先の原則にも叶っておりますので、北海道の要望のとおり、対象財産を公営住宅敷地として処分することを適当と考えたものでございます。
  次に当局の処理方針についてご説明申し上げます。
  契約の適用法令でございますが、売払いに当たりましては、会計法第29条の3第5項で、法令で定める場合は、一般競争入札によらず随意契約によることが出来ることになっております。
  これを受けまして、予算決算及び会計令第99条第21号で、公用・公共用又は公益事業の用に供するために必要な物件を売払いすることができると規定されておりますことから、これに基づき随意契約するものでございます。
  なお、国有地を公営住宅敷地として売払う場合には、国有財産特別措置法第3条第1項第1号におきまして、時価から減額して譲渡できることとなっておりますが、本件につきましては、先ほども申し上げましたとおり、北海少年院の建替計画に基づきまして処分財源としたものでありますので、財源確保の観点から時価売払いとしたものであります。
  北海道においても、この条件につきましては十分理解していただいているところでございます。
  また、土地売却後の用途指定につきましては、国有財産法第29条但し書き及び国有財産法施行令第16条並びにこれらを受けた通達に規定がございまして、地方公共団体に対して時価売払いする場合には、用途指定を付する必要がないということになっておりますので、用途指定は付さないこととしております。
  最後に、本財産の処分時期でございますが、北海道より建設計画にあわせ、1棟ごとの敷地について順次取得したいとの要望がありましたことから、平成17年度を初年度として3カ年間で処理することを考えているところでございます。
  以上、簡単ではございますが、諮問事項の説明を終わらせていただきます。
  よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
●横山会長 吉春部長、どうもありがとうございました。
  今申し上げたとおりでございますが、かなり詳細なご説明でございました。
  これに関しまして、いろいろとご質問、ご意見あると思いますが、ご遠慮なくご意見をいただきたいと思います。
  失礼ですが、時計回りでご意見等をいただきましょうか。
  南山委員、どうぞ。
●南山委員 ありません。
●横山会長 前川委員、どうぞ。
●前川委員 北海道の取得のご意向というのですか、これは千歳市における公営住宅の需給動向からどうしても必要であるとか、あるいはまた、バリアフリー使用の建物、福祉政策のためということでございますので、そういう趣旨に則って売却することについては、何ら異存はないかと思うのですけれども、千歳がこんなに賃貸住宅、公営住宅の需要がある地域なのかなと、そういうのが不思議であったのですけれども、それ以外は全然問題ないと思います。
  以上でございます。
●横山会長 ありがとうございます。
  それでは、船越委員、お願いします。
●船越委員 今のところ、林のような状態になっているということですので、この土地が有効に利用されて、公共的な利用のされ方だということですので、有用に役立てていただきたいと思います。
●横山会長 原田委員、お願いします。
●原田委員 私も、この土地が住民のために有効活用されるという、こういうご説明で大変結構だと思います。
●横山会長 籏本委員、お願いします。
●籏本委員 特にございません。
●横山会長 中村委員、お願いします。
●中村委員 ございません。
●横山会長 中井委員はいかがでしょうか。
●中井委員 たまたま千歳市の住宅マスタープランの策定委員会がありまして、そちらの側から見ていまして、千歳市さんの場合、ここもそうなのですけれども、かなり古い住宅地で、築50年ぐらい経っている為、建て替えが進んでいるのです。これから高齢社会を迎えるに当たって、こういうふうに広いエリアの公営住宅地、これ見ますと、パークゴルフ場もありますし、コミュニティセンターもあるし、健康づくりセンターもあるということで、老人施設だけではなくて、普通の健常者の方も一緒になって使うことができるような地域に開かれた施設計画として考えられているはずなのです。そういう意味では、あそこに一般の方も入れる公営住宅が建つことによって、よりこの周辺の公共施設が使われることになるのではないかと思います。
  ただ、先ほどおっしゃいましたように、大変緑の多いところに出来るものですから、やはり景観とか、アメニティーのことも考えた全体的な総合計画をしっかり作っていただきたいと思います。スタートラインがしっかりしてないと、ただ場当たり的なものになってしまうので、その辺、コミュニティーを生かした総合計画を作っていただきたいと思います。
●横山会長 どうも貴重なご意見ありがとうございます。
  坪井委員、いかがでしょうか。
●坪井委員 ありません。
●横山会長 高向委員は、
●高向委員 ありません。
●横山会長 高木委員、いかがですか。
●高木委員 ございません。
●横山会長 堰八委員、いかがですか。
●堰八委員 基本的には賛成ですけれども、質問ですけれども、先ほどご説明あった、千歳市の住宅政策、バリアフリー案、それとか、アドバイザー派遣云々とありましたけれども、結局この公営住宅そのものが、そういうような造りの建物になるということなのかどうか、ちょっと分からなかったのですけれども、その辺ちょっとお聞きしたいと思いました。
●横山会長 これについてはいかがですか。
●吉春管財部長 先ほどちょっと触れましたけれども、道においても、この千歳市の住宅政策を支援するという意味もございまして、全部かどうかまで把握しておりませんが、一部については、高齢者仕様を中心とした住戸設計をするというように伺っております。特に世帯向け住宅の30%程度は、そういうものにしたいとの考えのようでございます。
●堰八委員 分かりました。
●横山会長 坂本委員は、いかがでございますか。
●坂本委員 基本的には結構だと思いますが、ただ、疑問点が2つぐらい持っていて、1つは、果たしてこれから公営住宅という格好で、今いろいろ公営住宅のあり方が問題になっておりますけれども、こうした整備というのは、公営という格好で行われるものなのか。官から民への移行が引き金になって、今後、引き続きこうした格好でやっていくのかという疑問は、1つ持っております。
  それからもう1点は、高齢者の住宅を都心から離れた、こういう静かなところに造ることが、本当に高齢者のためになるのか。私のあくまでも一般論ですが、今、都心にどんどん住宅を建てておりますけれども、高齢者の方々も若い人方と賑やかなところに住みたいというのが本心でありまして、かえってそういうところに離されちゃうとボケてしまうと、こういうような傾向もあるものですから、それはまた今回の課題とは違いますけれども、果たして立地状態、本当に高齢者のためになるのかどうか。バリアフリーとか、住宅の問題とか、メンタル的に、という疑問は持っています。
  以上です。
●横山会長 ちょっと身につまされるご意見でございますが、これは局とは直接関係ありませんけれども、今後、分割して販売していくということでございます。重要なご提言でもあったと思うのですが。
●中井委員 千歳市でアンケートを取りましたときに、千歳市さんの場合、真ん中の中心市街地は魅力ないと言う意見が多いのです。まさに他の地方都市と同じように、店舗の集積率も悪いし、賑わいも全然ないのです。どんどん店舗を閉めていってしまっている。アンケートの中で、魅力がないから住みたくないという方が多く、郊外の方が自然が多くてよかったというような……。だから、そこの辺が難しいんですね。地方の中心市街地は魅力がないんです、現状では。その辺を解決しないと、なかなか難しい問題だと思います。
●横山会長 新しい地方都市の住宅政策というのは、ここでは、ちょっと坂本委員とのご意見とは違うかもしれません。地方と中核都市というのは、任務はあるでしょうけれども、これも十分に今後の政策に生かしていただきたいと思います。
●吉春管財部長 公営住宅のあり方の話でございますけれども、こういう低廉な住宅を住宅困窮者に提供するということ自体は必要な政策だろうと思っておりますが、官業の民間開放的な観点などもあって、ご指摘のように、それを官自らが建設するのか民間の施設を活用するのかということについて、種々ご議論があることは承知しております。これは住宅政策の根幹に関わるものでありますのでなかなか答えが難しいのですけれども、本件について申し上げれば、道の方も、住宅政策そのものとしては、戸数をこれからどんどん増やすということではなくて、先ほど申し上げた高齢者向けにするとかと言った、質の改善を中心にやっていきたい、道自体の住宅政策としては基本的にそのようなお考えをお持ちのようでございます。
  先程のバリアフリーなどが最も典型的な例でしょうけれども、年齢、障害の有無など、様々な利用者の方に適用する工夫を凝らしていくと、そんな感じのことを考えているように伺っております。
●横山会長 坂本委員、ほかに何か。
  よろしゅうございますか。
  それでは、越塚委員、お願いします。
●越塚委員 基本的には、この案件について賛成でございます。
  ただ、将来的な展望のお話を今、中井委員や坂本委員の方から出ましたけれども、千歳市として、まちづくりの展望というものをどのように持っておられるのかということで、この団地並びに周辺の、ここにも保健・福祉プランに基づくということで、隣接地域は高齢化社会の対応というものも考えて、土地利用計画をされているわけでありますけれども、千歳に暮らす方々の快適な環境整備という意味で位置づけていただけたらというふうに思っております。
  ただ、現実的には、郊外に大規模な商業施設が張りついておりますので、そこに隣接した形での宅地化が進んでいるということで、千歳の場合にも、恵庭から千歳にかけて、長都も含めて民間の住宅開発が進んでおりますので、多少、現実との乖離はあるのかなという感じがしております。
  以上でございます。
●横山会長 これについて何か。
  基本的にはご賛成ということで、
●越塚委員 そうです。
●横山会長 ありがとうございました。
  岩田委員、どうぞ。
●岩田委員 特にございません。
●横山会長 一通り各委員のご意見を伺いましたが、何か補足その他でございませんでしょうか。
●吉春管財部長 先ほど前川委員から、千歳市にそれほどの需要があるかということですが、説明でも申し上げましたけれども、千歳市が最近行っております公営住宅の応募の状況が20倍程度になっておりまして、一方、これの道内平均をみると15倍から17倍ぐらいで推移しておりまして、やはり千歳市は少し、それよりは高いという状況になっております。
  それと先ほど申し上げた、道内でも余り多くはない人口増加地域である、それから、もちろんこれから高齢者も、どこの地域も一緒でしょうけれども、どんどん増えていくということを勘案されたものだと思っています。
●横山会長 ほかに何かございますか。
  基本的に、非常に有効な土地利用というようなことで、総じて皆さん賛成と。ただ、将来展望も含めたご意見もございましたので、局におかれましても、ぜひ今後の参考にしていただきたいと思いますが、他にございませんか。
  なければ、この諮問に関する件につきましては、諮問どおり決定させていただきたいと思います。
  よろしゅうございますか。

(「はい」の声あり)

  ありがとうございます。
  満場一致ということでございますので、本件につきましては、諮問のとおり決定させていただきました。
  諮問どおり、承認することが適当であるという旨、可決されましたので、後ほど北海道財務局長に対しまして答申書を私からお渡しすることになっておりますので、よろしくご理解をお願いいたします。

5.業務報告

●横山会長 諮問につきましては、これで終わりましたので、業務報告に入らせていただきます。
  議事次第にございますように、業務報告事項につきまして、お手元の資料に基づいて、事務局から説明をお願いします。
●中尾管財部次長 管財部次長の中尾でございます。よろしくお願いいたします。
  私からは、お配りしております業務報告資料により3点ほどご報告させていただきます。
  最初に審議会答申事案の処理状況についてでございます。報告すべき事案は、第79回及び第80回審議会でご答申を頂いた案件2件でございます。
  資料の1ページをご覧ください。先ほど、諮問事項の説明の際に若干触れましたが、一昨年の平成14年12月5日、第79回審議会でご答申をいただいた千歳市所在の旧北海少年院跡地についての処理状況についてご報告させていただきます。
  本件は、千歳市大和に所在する普通財産約8万8千平方メートルを、平成15年度から3カ年で、千歳市に対し老人ホーム等の保健福祉施設敷地、コミュニティセンター敷地、近隣公園用地及び市道用地として売払い並びに無償貸付などの処理をするものでございました。現在までの処理状況でございますが資料の下段 処理状況をごらん下さい。15年度に、特別養護老人ホーム敷地と市道用地を処理しております。特別養護老人ホーム敷地については、平成15年6月13日付けで売買契約を締結致しました。現在建物の建設が完了しまして本年5月から特別養護老人ホームやまとの里として開設されております。因みに利用状況でありますが、老人ホームの収容定員50名に対し、現在50人の入所で満室となっている状況にあります。また、市道用地につきましても、平成15年12月26日付けで売買契約及び無償貸付契約を了し、道路造成工事はほぼ完了しており、一部は、既に供用されております。
  16年度の処理についてでございますが、軽費老人ホーム敷地、市道用地につきましては、12月1日に売払い及び無償貸付の契約を締結しております。
  また、17年度に予定としておりました近隣公園用地、約3万平方メートルにつきましては、そのうちの一部、9,511.90平方メートルを前倒しで16年度に取得したいとの同市からの要望を受け、同じく12月1日売払い及び無償貸付の契約を締結しました。
  来年度につきましては、養護老人ホーム敷地、健康づくりセンター敷地及びコミュニティセンター敷地並びに本年度処理の残りの近隣公園用地につきまして、売払い及び無償貸付契約することとしております。2ページに処理状況を図面で表示しておりますのでご覧下さい。
  以上のとおり、大和地区の全体計画として、15年度から3ヵ年で処理することについては、計画どおりに推移しております。
  次に資料の3ページをご覧ください。昨年12月5日に開催いたしました第80回審議会でご答申をいただいた、美瑛町に所在する普通財産14万9千平方メートルを、美瑛町に対し公園用地として時価売払いすることについての処理状況をご報告させていただきます。
  本件は、平成14年9月に用途を廃止した海上保安庁の旧美瑛デッカ局跡地を、地元美瑛町において美瑛町自然環境体感公園として整備し、町民が様々な自然体験や観察を通して、美瑛町ならではの自然環境を体感できるようにしよう、というものでございました。
  ご答申をいただいた後、国有地の売払いについては、平成16年8月19日付で売買契約を了しております。
  なお、現在のところまだ公園整備には着手しておりませんが、美瑛町の事業計画では、本年度中に地区説明会を開催し利用方法等について地域住民との意見交換を行い、平成 17年5月に着工し、平成18年10月に完成。その後、条例の制定を経て平成19年4月から供用開始の予定となっております。なお、4ページに利用計画図を添付しております。以上、審議会答申事案の処理状況についてのご説明を終わります。
  次に報告事項の2点目として、PFI方式による国家公務員宿舎の整備につきまして、ご報告させていただきます。前回の当審議会におきまして、平成16年度から札幌市内の国家公務員宿舎を、PFI方式により整備を行う計画を進めている旨ご報告させていただきましたので、その後の実施状況についてご説明いたします。
  それでは、お手元にございます資料の5ページをご覧いただきたいと思います。
  まず、具体的な事業の概要でございますが、国有財産の有効活用の観点から、今回の整備の対象となる北区北24条西10丁目に所在します、公務員宿舎幌北住宅の事業計画地に、札幌市内に散在しております老朽化した低・中層の公務員宿舎の集約・立体化による建替えを行うにあたり、民間の創意工夫の活用と施設整備の効率化のためにPFI方式により実施するというものでございます。
  次に、本事業の実施状況についてでございますが、お手元の資料の1.PFI方式による宿舎設置のところで、PFI事業の実施プロセスと進捗状況を時系列にお示ししたフロー図がございます。このフロー図に沿ってご説明していきたいと思います。最初に実施方針を策定し、本年2月6日に公表いたしました。次いで、4月19日に民間アドバイザーの選定。5月20日に特定事業の評価・選定などのプロセスを経て、6月1日に入札公告を行ったところ、道内外から大手建設業を中心に、8グループから入札書の提出を受けました。これら8グループの提案について、北海道財務局に設置しました宮脇淳北海道大学大学院教授を委員長といたします審査委員会において、資金計画・リスク対応、住棟・住戸計画などの多様な審査項目について審査を行いました。その結果清水建設株式会社を代表企業とするグループを落札者として決定し、10月1日に公表を行いますとともに、落札者が設立しました特別目的会社と11月26日に事業契約を締結しております。
  次に、落札者の事業概要でございますが、資料の6ページに完成後のイメージ図がございますのでご覧いただきたいと思いますが、住棟を低層棟と高層棟の二重のL字型に配置することで、周辺への圧迫感を軽減し、街並みや周辺地域との調和のとれた都市景観の形成に配慮したものとなっております。施工スケジュールにつきましては、工事着工が平成17年8月、竣工が19年1月の予定となっております。
  なお、今回の416戸の宿舎集約化に伴いまして、不要となる公務員宿舎敷地というものが相当数生み出されますので、これらにつきましては、主に、一般競争入札により民間に売却を行うことを予定しております。具体的な売却財産につきましては、お手元資料の前のページに戻っていただきたいと思いますが、2.のところですが、札幌市内の主な売却予定宿舎敷地として1万平方メートル以上のものを挙げさせていただきました。また、売却予定の総面積といたしましては、約7万2千平方メートルございますので、これらの売却により地域の再開発等が誘発されますことを期待しております。
  以上、PFIによる国家公務員宿舎の整備につきましてご説明させていただきました。
  続きまして、3点目の未利用国有地の売却促進状況についてご報告申し上げます。
  資料の7ページをご覧いただきたいと思います。これは、国有財産売払収入のうち、その主要な部分を占めます未利用国有地の売払いのうち、一般競争入札で処分している状況でございます。平成6年度以降の全国分と北海道財務局管内の未利用国有地の一般競争入札実施状況及び売却状況を示してございます。上段の全国分のグラフをご覧下さい。平成6年度以降の実施件数と成約件数を示しております。また折れ線グラフは歳入実績額を示しております。平成15年度のところを見ていただきますと、国の厳しい財政事情を背景に、税外収入確保の必要性から、全国財務局において積極的に売却促進に取り組んだところ、平成15年度は、6,367件、前年度比約5割増の一般競争入札を実施したところでございます。また、歳入実績は、最低売却価格公表入札制度の導入による落札率の向上等もあり、過去最高となる 2,996億円の実績となっております。
  今申しました最低売却価格公表入札制度というのがございますけれど、これは売却促進策を更に強化しようということもございまして、相続税物納財産に限り、最低売却価格を公表して入札するという制度を新たに導入いたしました。現在、私ども未利用国有地の売却方式は、従来型の価格を公表しないで行う一般競争入札と、相続税物納財産について最低価格を公表して行う入札と、この2方式で行うという形になっております。
  平成16年度の未利用国有地の売却計画につきましては、引き続き税外収入の確保ということは勿論のこと、国有地の有効活用の推進の観点から、積極的に売却を進めているところでございます。こうした中、入札による売却実施件数としまして、過去最高であった平成15年度、6,367件を更に上回る約6,900件を計画し、現在各財務局において実施しているところでございます。こうした中、当局においても、平成13年4月から当局担当部門に未利用地売却プロジェクトチームを設け、大量の入札を実施するため、全道にあります財産を札幌で一括して集中処理をするという形で、効率的な処理を図っているところでございます。下段のグラフをご覧下さい。これが当局の売却実施状況でございます。13年度から開始した年3回の道内一括の期間入札により、その実施件数が大幅に増加し、成約件数も最近では100件を超える実績となっております。因みに15年度の実績は、179件を実施し、落札等成約が121件、金額にして33億円となっております。16年度の入札は、15年度の入札実施件数を114件上回る293件を計画しており、11月末までに、236件を実施し、落札等成約が137件、金額にして32億8千万円となっており、15年度歳入実績を超えることは確実となっております。
  最後に、今後の売却を巡る環境は厳しく、市況の動向により先行き不透明ではありますが、当局としては、これからも引き続き売却促進に全力で取り組んで参りたい所存でございます。
  なお、一般競争入札に加え随意契約分を含めた土地売払代の推移の資料を8ページに添付してございますが、後ほどにでもご覧願えればと思います。
  未利用国有地の売却促進につきましてご説明させていただきました。
  以上で報告事項の説明を終わります。
  ありがとうございました。

●横山会長 どうもありがとうございます。
  業務報告の事項につきまして、今、3点ご説明を申し上げましたが、何かご質問なり、ご意見ございますれば、ご自由にどうぞ。
●高向委員 では、1つ質問させてください。
  吉春部長に1つ教えていただきたいことがあるのですけれども、先ほど坂本委員とのやりとりの中に、たしか官業の民間開放という言葉を使われましたね。あれ私は非常に興味を持ったのですけれども、と言いますのは、国有地を売却するときに、通常、一番多いのは、官のセクターから、やっぱり官のセクターに売るというのが多いように思いますけれども、別にこれは民間に売ってもいいのではないかなというふうに思って、余りこだわらなくてもいいのではないかなという気持ちを持っているのですが、先ほど、官業の民間開放というのは、どういう時にお使いになる言葉か。私も今後使ってみたいなと思っていますが。
●吉春管財部長 これは内閣府に、本年4月に設置された規制改革・民間開放推進会議というものがございますけれども、その中のテーマとして、官業の民間開放の推進というのがありまして、いろいろな分野が検討されております。本日のこの案件に関連したものと言えば、例えば庁舎とか宿舎を国自ら持つことについても一部お話しが出ておりまして、私どもでは、持たないコストと持つコストと、当然比べる必要もあるだろうし、それから、例えば我々、広域的な転勤とかということをやっておりますので、やはり宿舎というものは必要である、そういう考え方を持っているわけですけれども、官業の民間開放という言葉自体は、一例ですがそういう場面で使われていると承知しております。
●高向委員 ありがとうございました。お尋ねしましたのは、北海道商工会議所連合会で、今後3ヵ年の計画というのを作りまして、その中に、民で出来ることは民の方にやらせてくださいと、事業譲渡してください、あるいは事業の外注してくださいというようなことの提言を始めたのですけれども、ぴたっとする言葉がなかったものですから、この言葉がぴたっとしているなと思いまして、それでちょっとお尋ねした次第でございます。ありがとうございます。
●吉春管財部長 余談ですけれども、我々の仕事自体も、例えば未利用国有地の売却業務について言えば、かなり以前から、業務の一部で、民間の方にお任せしてもいい部分については、外部に委託するという形で進めているところです。
  それから、国有地の売却については、もとより公用・公共用の利用がなければ、これはもう一般に競争入札という形で積極的に売るということを、それは徹底してやっているというところでございます。
●高向委員 もう1点、伺ってもよろしいですか。これは今度、中尾次長にひとつ、教えてください。
  PFI、具体的に札幌の公務員宿舎のPFI方式による整備がありますね。この仕組みの中で、2点ちょっと教えてください。これは国が土地も売却してしまいますか。
●中尾管財部次長 土地は売却いたしません。国の保有です。
●高向委員 そうすると、建物の部分だけがPFIになるわけですね。
●中尾管財部次長 はい、そういうことです。
●高向委員 PFIやって、借り入れをして建物を建てることになると思いますけれども、あるいは出資、その借り入れの返済財源ですけれども、これ当然、その入居した方の家賃から返済することになるのでしょうね。
●中尾管財部次長 これは入居した家賃との国の会計上は別になってございまして、宿舎の建設費につきましては、10年の事業計画が今回ございますので、最初の2年で建設が終わりまして、国に建物の所有権が引き渡されますという形になります。
●高向委員 10年後ね。
●中尾管財部次長 いいえ、2年後に引き渡されます。それで、残り8年をこの企業が住宅を管理するという形になります。この8年間に、国は費用を分割してご返済するという形になります。通常の国の宿舎整備費の中で、これを返済していくという形になります。公務員宿舎料は別の収入に入るという形になりますので、リンクする形にはなっておりません。
●高向委員 そうしますと、国の財政がきつくなりますと、約束しておった整備のための用に供さないとか、そういうことになると、このPFIが崩壊しますね。そこは国としては何か約束をするわけですか。
●中尾管財部次長 実は、この事業については特定国有財産整備特別会計という、特別会計制度を利用しておりまして、これを取得するために処分する財産、先ほど、23団地7万2,000平方メートルという土地を申し上げましたが、これがいわゆる処分財産となっており、この処分収入をもって、これを充てるという計画でございます。
●高向委員 だから、財政が苦しくなったから、もう払えませんよということは。
●中尾管財部次長 それは絶対ございません。
●高向委員 私は信用してないわけではないのですけれども。分かりました。
●横山会長 あとご質問はございませんか。
  ございませんようですので、これで報告を終了いたします。
  全ての議事が終了いたしましたので、財務局長に答申書を交付いたします。

(答申書手交)(拍手)

6.会長挨拶

●横山会長 盛大な拍手をありがとうございました。
  ちょうどきっかり時間が経過いたしましたので、以上をもちまして、本日の審議会の議事を終了いたします。
  委員の皆様には、長時間、本当にありがとうございました。
  終わりに、局長からお礼の言葉ということでございますので、よろしくお願いいたします。

7.財務局長謝辞

●原田財務局長 審議会を終えるに当たりまして、一言御礼のご挨拶を申し上げたいというふうに存じます。
  本日は、長時間にわたりましてご審議をいただきまして、また、貴重なご意見をいただいたということで、本当にありがとうございました。
  本日、皆様のご了解をいただきました諮問事項につきましては、頂戴いたしましたご意見等を踏まえまして、適切に作業を進めていきたいというふうに存じます。
  近年、国有財産に対する社会の関心はますます高まっており、私どもといたしましても、従来にも増して、より適切に国有財産の管理処分に努めてまいる所存でございますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
  甚だ簡単ではございますが、お礼のご挨拶とさせていただきます。
  本日は、どうもありがとうございました。

8.閉会

●横山会長 それでは、これをもちまして、本日の議事も滞りなく終えることができましたので、進行を事務局にお返しいたします。
  どうもご苦労さまでございました。
●齊藤管財総轄課長 これをもちまして、第81回国有財産北海道地方審議会を終了させていただきます。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader