ページ本文

第2回 国有財産の有効活用に関する北海道地方有識者会議の結果

「第2回 国有財産の有効活用に関する北海道地方有識者会議」を次のとおり開催しました。

1.開催日時等

開催日時
平成19年2月22日(木) 10:00~

開催場所
札幌第一合同庁舎11階 北海道財務局 大会議室

2.メンバー

市川 喜通((財)日本不動産研究所札幌支所長)
(座長) 小林 英嗣(北海道大学大学院工学研究科教授)
猿田 昭治(札幌市市民まちづくり局都市計画部長)[代理]
畑   秀叔 (北海道建設部まちづくり局長)
籏本 道男 (公認会計士籏本道男事務所所長(公認会計士))

(敬称略、五十音順)

3.議題

  • 宿舎の移転・再配置計画について

4.議事要旨(意見等の概要)

地方有識者会議メンバーの意見等

  • 全体のスキームについては了解。
  • 跡地の売却に際して多くの物件が出てくるので、価格についての配慮が必要であり、売却の可能性についても考える必要がある。
  • 跡地の売却に際して、都市計画の観点から、用途等について地方公共団体と協議していくようなスキームが欲しい。
  • 収支については、(単に売却と建設コストのみではなく、建設・運用・廃棄に至る)長いライフサイクルコストのようなことも考えながら検討する必要がある。
  • PFI事業者の負担を軽くするため簡易な要件などを考える必要がある。
  • コンパクトな街づくりという札幌市の方針とマッチングさせながら進めることはよいこと。
  • 民間施設や他の公的な施設との連携も考慮する必要がある。

本ページに関するお問い合わせ先

北海道財務局 管財部 管財総括課
(Tel011-709-2311 内線4421)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader