ページ本文

釧路公立大学で3年生向け「財政教育プログラム」を実施しました

令和元年6月13日(木曜日)に、釧路公立大学で、3年生14名に向けて「財政教育プログラム」を実施しました。

 

釧路財務事務所では、国の財政を身近な問題として捉え、自分事として考えてもらおうと、アクティブ・ラーニングを導入した特別授業を行っています。

 

まず、当事務所の職員が講師となり、財政問題や少子高齢化、国債価格と金利の関係などについて、わかりやすくお話ししました。

生徒のみなさんは、講師からの問いかけに積極的に答え、メモを取りつつ、熱心に耳を傾けていました。

 

それから、2人から3人ずつのグループにわかれて、日本の予算をシミュレーションしました。
生徒のみなさんは、普段目にするニュースや授業で学習した知識を使って、楽しみながら取り組んでいました。

そのあと、グループで考えた予算案を発表し、ディベートを行いました。

生徒のみなさんは、日本の将来を考えながら活発に議論し、異なる意見に触れる中で自らの理解を深めていました。

 

参加した生徒さんからは、

 

  • どの歳出を減らしどの歳入を増やすのかを、理由を考えながら話し合うのが楽しかった。講師の方の話がとても分かりやすくて、聞いていてとても楽しかったし、考えも深まった。
  • グループワークやディスカッションに、能動的に取り組めたので面白かった。
  • グループ内での意見が全く違ったので、合意点をみつけるのが難しかった。
  • 少子高齢化や、地方ごとに生じる差異、個人の給料の違いなどを考慮して予算を考えるのは、とても難しかった。今までなら消費税率の上昇について文句を言う程度だったものが、このプログラムをとおして、予算の歳出科目の割合や国債の増減についてまで、考えられるようになった。
  • 政治家だけでなく、国民全員で考えることが大事だと思った。とても勉強になった。自分の払った税金がどこに使われているのか、関心をもってみていきたい。

 

などの感想をいただきました。

(財政教室の様子1)今の日本の予算は、こんな感じです

(財政教室の様子2)税率を上げれば、税収が増えるの?

(グループワークの様子1)意見をまとめるのって難しいけど、話し合うのが楽しい!

(グループワークの様子2)わからないことは、講師にきいてみよう

(発表の様子)僕たちは、こんな風に考えました!

(ディベートの様子1)みんな真剣です

(ディベートの様子2)自分たちの意見について、ちゃんと理由を説明しよう

(ディベートの様子3)ニュースの討論を見るより、自分たちで話し合ってみるほうが、ずっと為になった!

本ページに関するお問い合わせ先

釧路財務事務所総務課
電話番号:0154-32-0701
FAX番号:0154-25-1561

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader