ページ本文

帯広財務事務所の業務

 帯広財務事務所は十勝総合振興局管内における財務省の総合出先機関です。国の財政、国有財産などに関する施策について、地域の皆様にご理解を深めていただくととともに、地域経済の実情や動向等を把握して、皆様の「声」を財務省に伝える役割を担っております。
 このほか、金融庁から委任を受けて、利用者の皆様が安心して取引できるよう、民間金融機関に対する監督を行っています。

財務行政懇話会等を通じて財務省と地域を結びます(総務課)

 財務行政懇話会をはじめとする各種講演会を通じて、国の財政や金融などについて地域の皆様にご理解を深めていただくとともに、皆様のご意見・ご要望をお聞きし、国の施策に反映させるよう努めています。

国の資金を地域住民の生活向上に役立てています(財務課)

 学校、病院、公民館、上下水道、ごみ処理場など、地域の生活環境を改善していくために必要な施設の建設資金や災害復旧事業のために必要な資金を、地方公共団体等に対して長期・低利で貸付けしています。

地域経済動向を把握して景気対策などに役立てています(財務課)

 地域経済や地方財政、金融情勢等の情報収集や分析を行い、その結果を財務省・金融庁に報告し、経済財政政策や金融行政の企画・立案に役立てています。具体的には、法人企業景気予測調査や法人企業統計調査等を行っているほか、管内分は「とかち経済情報」や「とかち金融動向」として定期的に公表しております。こうした調査などの過程で頂いた地域の意見・要望についても、財務省・金融庁などへ発信しています。

たばこ事業に関する仕事を行っています(財務課)

 たばこ小売販売業者の出張販売の許可や営業所の仮移転許可などの仕事を行っています。

預金取扱金融機関、金融商品取引業者等の監督を行っています(財務課)

 預金者及び投資者等の保護を図るため、預金取扱金融機関、金融商品取引業者、保険会社(生命保険、損害保険)、及びプリペイドカード等の前払式支払手段の発行業者などの監督を行っています。

国有財産は身近なところで利用されています(管財課)

 国の機関が使用している庁舎や宿舎の集約立体化を進めるなど、国有財産(国が所有している土地・建物等)の効率的な利用と総合的な調整を行い、有効活用するための仕事を行っています。
 また、地域の皆様の暮らしに役立つよう、学校、公園、社会福祉施設などの公共施設用地として、地方公共団体に対して国有地の売払い・貸付けを行っています。
 このほか、相続税の代わりに納められた土地・建物や、不用となった国有財産については、「一般競争入札」などにより売払いを促進し、歳入確保に努めています。
 なお、予定道路敷地などの売払い・貸付けも行っていますので、皆様が使用されている土地に予定道路敷地が入り込んでいる場合はお気軽にご相談下さい。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader