ページ本文

釧路地方合同庁舎が津波緊急避難施設等に指定されました

財務省北海道財務局釧路財務事務所

釧路市が釧路地方合同庁舎を『津波緊急避難施設』等として指定

  平成25年10月、釧路市より財務省北海道財務局釧路財務事務所(以下「釧路財務事務所」という。)が管理している釧路地方合同庁舎について、大津波警報時における「津波緊急避難施設」及び津波警報時における「緊急避難場所」として指定を受けました。

 「津波緊急避難施設」とは、津波浸水予想地域内で屋内に待機場所があって、津波でも安全な建物をいいます。
 「緊急避難場所」とは、津波浸水予想地域外で、津波でも浸水しない安全な高台や建物をいいます。

 釧路市では、東日本大震災を受けて、津波浸水地域防災対策の充実を図っており、避難環境充実策の一環として津波緊急避難施設等の選定をおこなっているところであります。

 釧路地方合同庁舎は、平成16年9月に釧路市より災害時の「広域避難場所」等として指定を受けたのを初めに、平成23年8月には「津波緊急一時避難施設」として指定を受けました。今般、釧路市が津波避難施設の配置見直しを行い津波緊急避難施設等として指定を受けたものです。

 釧路財務事務所並びに釧路市では、今後も連携の上、積極的に国有財産の有効活用を図り、地域貢献に努めてまいりたいと考えております。
 

【問い合わせ先】北海道財務局釧路財務事務所総務課
電話番号:0154-32-0701

津波緊急避難施設等

【施設の概要】 釧路地方合同庁舎(釧路市幸町10丁目3番地)

<位置図>

津波緊急避難施設(釧路地方合同庁舎)の位置図

<外観>

津波緊急避難施設(釧路地方合同庁舎)外観の写真

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader