ページ本文

直近の開催状況について

第15回金融行政アドバイザリー連絡会議について

 北海道財務局では、第15回金融行政アドバイザリー連絡会議を下記のとおり開催致しました。
 


 

1.開催日時

平成30年12月13日(木曜日)午前10時から午前11時30分まで

2.開催場所

 北海道財務局

3.主な内容

  1. 当局説明
    ・ 今事務年度における当局の取組みについて
  1. 意見交換

4.主な意見

  • 金融機関は、貸出先がないというが、財務内容や担保の有無ばかりに着目している。事業性をきちんと評価してほしい。今のような融資姿勢であれば地域経済は発展しない。
  • 金融機関は、担保・保証に過度に依存しない融資や事業性評価による取組みを進めているが、組織的に取り組んだ結果が数字として表れていない。
  • 金融機関は、事業性評価に取り組んでいるというが、現場レベルでは本部から示された様式(SWOT分析等)を本部稟議に添付しなければならないことから、様式を埋める作業が目的化している。
  • 金融機関の事業性評価のスキルアップを図るためには、財務数字の背景にある経営者の活動内容などを自身の目で確かめることで、しっかりと定量面の裏取りをする習慣をつけることが必要。
  • 新経営者に事業を引き継ぐ際に、金融機関は新経営者から新たに経営者保証を徴求するのではなく、企業の事業価値を評価したうえで取引してほしい。
  • 自社の財務内容を良くすることで、金融機関から経営サポートを受けることができるのであれば、中小企業側も能動的に金融機関へ情報提供するなど努力することが必要。
  • 引き続き金融庁からの仮想通貨に関する注意喚起や登録審査の厳格化を期待する。

本ページに関するお問い合わせ先

北海道財務局理財部金融監督第一課(調整担当)
電話番号:011-709-2311(内線4355)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader