ページ本文

札幌信用金庫、北海信用金庫、小樽信用金庫の合併について(平成27年11月2日)

北海道財務局長談話

1.  この度、札幌信用金庫、北海信用金庫、小樽信用金庫から平成30年1月を目処として対等合併することで合意した旨の報告を受けた。
  
2.  三信用金庫からは、人口の減少や高齢化が顕現化しつつあり、地域を取り巻く環境は大きく変化している中、本合併により、豊富な資金量を最大限に活用することで、お客様の期待に応える地域金融機関として、また、信頼され支持される金融機関として、地域経済活性化と地方創生に大きな貢献を果たしていくと聞いている。
  
3. 当局としては、本合併により、新たな信用金庫として、経営資源の有効活用、収益力の強化等を通じ、より強固な経営基盤を確立し、地域密着型金融の機能を十分に発揮することによって、地域経済の再生・活性化、中小企業金融の円滑化に一層貢献されることを期待している。 

本ページに関するお問い合わせ先

北海道財務局 財務広報相談室長
(電話)011-709-2311(内線)4270

北海道財務局 小樽出張所 財務課
(電話)0134-23-4103

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader