ページ本文

無登録で金融商品取引業を行う者に対する警告について(H25.11.12)

平成25年11月12日
北海道財務局
関東財務局

1.証券取引等監視委員会による株式会社ライフステージ(東京都新宿区、代表取締役 穗積一志(ほづみひとし)、資本金3100万円。以下「当社」という。)に対する調査の結果、当社及び当社代表取締役である穗積一志並びに当社関係者白鳥勝史(しらとりかつし。当社と併せて「当社ら」という。)について以下の法令違反等の事実が認められたことから、本日、当社らに対し、金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針Ⅱ-1-1(7)2に基づき、直ちに当該行為を取り止めるよう警告書を発出した。
(関東財務局から株式会社ライフステージ及び穗積一志に対し、北海道財務局から白鳥勝史に対し警告書を発出。)
 
2.事実関係
 当社は、遅くとも平成23年8月頃以降、多数の一般投資家に対し、当社の関連会社である外国法人のLIFESTAGE LIMITED(以下「リミテッド社」という。)が出資された資金を外国為替証拠金取引(以下「FX取引」という。)で運用し、それにより生じた運用益を支払うことを内容とする契約に基づく権利の取得の申込みを勧誘し、多数の一般投資家に当該権利を取得させた。
 また、当社は、平成25年9月頃以降、多数の一般投資家に対し、リミテッド社が出資された資金をFX取引等で運用し、当社の関連会社である外国法人のGLOBAL INTERNATIONAL HOLDINGS LTD.がそれにより生じた運用益を支払うことを内容とする契約に基づく権利の取得の申込みを勧誘し、多数の一般投資家に当該権利を取得させた。

 当社の100パーセント株主で「会長」である白鳥勝史及び代表取締役である穗積一志は、自ら、上記申込みの取得勧誘行為を行っているほか、「エージェント」と呼ばれる個人又は法人に指示するなどして、上記申込みの取得勧誘行為に当たらせている。なお、当社は、「エージェント」に対して、勧誘した一般投資家の出資金額に応じた紹介料を毎月支払っている。
 
 以上の結果、平成23年8月頃から平成25年10月頃までの間に、延べ5336名の一般投資家が約146億円を出資した。

 当社らの上記各行為は、いずれも、金融商品取引法第28条第2項第2号に規定する「第二種金融商品取引業」に該当し、同法第29条に違反するものである。 

以上

本ページに関するお問い合わせ先

北海道財務局理財部金融監督第三課 電話番号:011-709-2311(内線 4313、4316)

関東財務局理財部証券監督第1課 電話番号:048-613-3952

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader